### FreeBSDのインストールについて
#### sysinstall
  • 概要
    • FreeBSD 8.1 FreeBSD 8.3 を手持ちのDVDからインストール
    • sysinstallは「Standard」で実行
  • ネットワーク
    • IPv6はなし
    • DHCPもなし
  • ディスク領域の割り当て
    • 領域は、da0を全て使用
    • 割り当て(Disklabel)は、Auto を選択
  • ディストリビューションセット
    • 4 Developer
    • 5 Kern-Developer
  • インストール後のいくつかの質問
    • SSH -> オッケー☆
    • Anonymous FTP -> ダメ
    • ネットワーク -> あとで 設定しておく
      • イーサネット … それっぽいやつ
      • IPv6 … Yes
      • DHCP … No
    • NFS -> やらない
    • パッケージ -> あとで bashとzshだけ入れておく
    • ユーザ -> メインのユーザを作成。Groupは空欄。Member groups に wheel を入れておく
    • その他 -> 気分次第でよし
#### インストール後のセットアップ(予定) ※設定の移行も含む
  • マシン環境・セキュリティ
    • hosts設定
    • rc.conf設定
    • sshd_config の設定(既存をコピー)
  • ユーザ環境
    • ports
    • zsh
      • セットアップ時にインストール済み
    • wget
    • vim
    • emacs
  • サーバー
    • ssh
      • FreeBSD標準機能
    • svn
    • apache
  • 課題
    • バックアップ・リストア(切り戻しのできる環境)
      • 2013/3/16 -> jail を使ってみる
    • rails
    • Redmine
    • node.js


※2013.09.29以降追記
### VMに入れるパッケージ
  • セットアップ時
    • bash
    • zsh
    • ssh
  • 共通環境でmake
    • portupgrade
    • vim-lite
    • gnuls ※同時に gmake と perl1.4 が入る
    • curl
    • wget
    • ezjail
    • gsed
    • gawk
    • subversion
    • git
  • jail環境(開発)でmake
    • emacs
    • screen
  • jail環境(テストサーバ)でmake
    • apache