### 概要 ```dosbatch dir C:\Windows\system32\*.exe | more ```したら、見たことのないコマンドがいくつか出てきたので、目ぼしいものを調べてピックアップ!※WindowsXP Home Edition(以後XP)とWindows7 Home Premium 64bit(以後win7) を比較しています
### 見つけたコマンド
#### where.exe
  • XPにはなく、win7にはある
  • whichっぽいコマンド。
```dosbatch where where => C:\Windows\System32\where.exe rem ワイルドカードも使えるっぽい where *c?py* => C:\Windows\System32\diskcopy.com => C:\Windows\System32\diskcopy.dll => C:\Windows\System32\Robocopy.exe => C:\Windows\System32\xcopy.exe rem 正規表現は使えないっぽい where *[a-z]* => エラー ```※which.bat とか作ってたあの努力は一体……
#### clip.exe
  • XPにはなく、win7にはある
  • 標準入力をクリップボードにコピーするコマンド
```dosbatch rem ファイルの一覧をクリップボードへコピー dir /a-d /b | clip ```※clip.bat とか作ってたあn(ry
#### robocopy.exe
  • XPにはなく、win7にはある
  • ファイルの同期やらバックアップやらを取る?
  • オプション多すぎてすぐにはわからないので調べてみよう
※xcopyを使ってsync.batとか作ってたあn(ry
#### whoami.exe
  • XPにはなく、win7にはある
  • whoamiとwhoとgroupsのハイブリッドみたいなコマンド
```dosbatch rem 引数なし whoami => ドメイン名\ユーザ名 rem ユーザーの詳細情報 whoami /user rem グループの一覧 whoami /groups rem ユーザーの詳細情報とグループの一覧とセキュリティ whoami /all ```
#### EVENTQUERY.vbs
  • XPにもwin7にもない。WindowsXP Professionalだと入ってたような気がする。
  • イベントログを検索して標準出力に出すスクリプト
#### wevtutil.exe
  • ……と思いきや、win7ではイベントログの抽出にはこのコマンドを使うみたい。
  • 使い方がEVENTQUERY.vbsとは全然違っていて難しそう。

※以下はおまけ
#### osk.exe
  • XPにもwin7にもあったんだけれど、知らなかったので。
  • スクリーンキーボードを起動するコマンド
  • win7のは何だかかっちょいい
#### write.exe
  • XPにもwin7にもあったんだけれど、知らなかったので。
  • 叩いてみたら、ワードパッドが開いた。