### 概要 iPhone用にBluetoothのキーボードを買ったので、シェル芸の勉強会にiPhoneで参加しますよ。っていう話。次のシェル芸勉強会→第10回記念シェル芸勉強会@シェルリアンタワー&第28回場所が未定だったが決まったぞ定例会
### 経緯 丁度、この商品を買った時のこと。
いつだって、口は災いの元、なのです。
https://twitter.com/kunst1080/status/446865717934043136
てなわけでやってみました。
### 手順
#### ①自宅のサーバに開発環境を作成
##### Jailの作成 以前(http://kunst1080.hatenablog.com/entry/2013/11/10/224858)作成したスクリプトを使い、一撃でJail環境を構築します。 ```sh ./create_jail.sh jail.local.develop 192.168.100.155 -y <rootパスワード> kunst <パスワード> ``` 
##### Jail環境へホストからSSHでログインするスクリプトを書きます ```sh #!/bin/sh exec ssh -i 秘密鍵 -p SSHポート番号 kunst@192.168.100.155 ```サーバー側OK

#### ②iPhoneにSSHクライアントをインストール
##### vSSH HD 無料版→https://itunes.apple.com/jp/app/id535056241
有料版→https://itunes.apple.com/jp/app/vssh/id583272886?mt=12※広告が邪魔だったので有料版を購入しました。400円なり。

##### SSHクライアントの設定 ↓を参考に
http://wander-dept.net/note_log/2013/2013_04.html
 
#### ③twitterクライアントの準備 ワンライナーをタイムラインに投稿したりするので、CLIから操作できるTwitterクライアントを探しました。
肝心のiPhoneはSSHでふさがっているので。Ruby製のツールがあるようだったので、入れてみました。
http://shokai.org/blog/archives/6513
```sh pkg install ruby pkg install devel/ruby-gems gem install tw ```※起動時に「SSL_connect returned=1 errno=0 state=SSLv3 read server certificate B: certificate verify failed」が出たとき
http://qiita.com/kengos@github/items/47eae6fadd6d8ae1c795 ```sh cd /etc/ssl/ curl -o cert.pem http://curl.haxx.se/ca/cacert.pem ``` 
#### ④つぶやいたり。 https://twitter.com/kunst1080/status/450235835841904641
##### つぶやく ```sh tw 内容 # もしくは echo 内容 | tw -pipe ```
##### 『#シェル芸』ハッシュタグで検索する ```sh tw --search=#シェル芸 | tail ```
さあこれでみんなシェル芸勉強会へ、iPhoneでGO!GO!