前のエントリの続き。
こちらはおまけ[flunpack]
使い方はこんな感じ。 ```sh % cat data 1HOGE 0 2FUGA 0 3HOGEHOG0

% cat data | flsplit 10 1HOGE 0 2FUGA 0 3HOGEHOG0

% cat data | flsplit 10 | flunpack “A1A7A2” 1,HOGE,0 2,FUGA,0 3,HOGEHOG,0 ,, ,,

```ん?なんだか妙な空行が発生している。。。