### 作業手順
  • 8.3R → 10Rへfreebsd-update
※Jail環境までアップデートするのは面倒なので再作成する。
※パッケージシステムがpkg_*からpkgngに変更される。移行すると面倒なので、全消ししてから入れ直す。
### 準備
  • バージョン確認
``` % uname -a FreeBSD telepath.kontrapunkt.orz 8.3-RELEASE FreeBSD 8.3-RELEASE #0: Mon Apr 9 21:47:23 UTC 2012 root@almeida.cse.buffalo.edu:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC i386 ```
#### サービス関連
  • /etc/rc.confから、サービス起動部分をコメントアウト
  • jailを止める
``` # service ezjail onestop ```
#### ports関連
  • パッケージを全削除する
``` # pkg_delete -a ```
### 8.3R → 10Rへfreebsd-update
  • 現バージョンを更新
``` # freebsd-update fetch # freebsd-update install # reboot ```
  • アップグレードする
``` # freebsd-update upgrade -r 10.0-RELEASE ```
  • マージできなかったファイルのコンフリクトを手で解決
    • /etc/hosts
    • /etc/hosts.allow
    • /etc/ssh/sshd_config
  • カーネルのインストール
``` # freebsd-update install Installing updates... Kernel updates have been installed. Please reboot and run "/usr/sbin/freebsd-update install" again to finish installing updates. ```
  • 再起動
``` # reboot ```
  • インストールの完了
※このとき、ifconfigがエラーになっているので直接ログインする ``` # freebsd-update install Installing updates... Completing this upgrade requires removing old shared object files. Please rebuild all installed 3rd party software (e.g., programs installed from the ports tree) and then run "/usr/sbin/freebsd-update install" again to finish installing updates. ```※ここで、ifconfigが治っている

  • 作業を完了して再起動
``` # freebsd-update install # reboot ```
この後、パッケージの再インストールとJail環境の再構築を行う。

### 参考サイト
#### ハンドブック
#### ブログ記事