### 前提
  • ノートPCを使っているが、作って壊してできる仮想環境にしたい。
  • NTFSはいかんぜよ
  • VDIにすると、持ち出し時に接続ラグが気になる
  • ノートPCのスペックが上がってきている・・・
### 発想
  • 仮想環境全体をノートPCに入れ持ち運んでしまえばいいじゃん!
  • そして準仮想化は必須。
→ Xen化しよう
→ Domain-0(何かUnix系OS) + Domain-U(Windows7/FreeBSD/CentOS/LinuxMint)
にしよう!
### Domain-0用のOSの選定
##### FreeBSD
  • Domain0になれないので却下
##### OpenIndiana
  • Linuxゲストを入れる時に難儀しそうな(気がする)ので却下
##### OpenSUSE
  • デスクトップ用途のツールがデフォルトでいっぱい入ってしまうので却下
  • パッケージ管理がよくわからなかった><
##### CentOS
  • gnome以外のデスクトップ環境を構築するのが楽じゃなさそう
  • SELinuxとか勝手に入って動き出すので却下
##### Debian
  • 最小構成からpat-getでlxde環境を構築できる
→ Debianで!

### Debianのセットアップ
#### メディアからセットアップ debian-live-7.4-amd64-standard.iso から入れる。※2014/5/11現在
 Debianの最新版は7.5だけど、カーネルのバージョン3.2.57がXenのパッケージに対応していないようなので、Debian7.4をセットアップ。パーティションの構成は https://wiki.debian.org/Xen#Initial_Host_Installation を参考にして以下のように。
  • sda1 ext4 "root"
  • sda2 swap (swap=RAM if RAM<=2GB; swap=2GB if RAM>2GB)
  • sda3 ext4 LVM
      • "vg0"
#### セットアップ後、不要なパッケージを消していく ```sh tasksel ```全て選択解除
#### 不要なサービスを止める ```sh update-rc.d -f ssh remove update-rc.d -f portmap remove update-rc.d -f rpcbind remove update-rc.d -f cups remove update-rc.d -f exim4 remove update-rc.d -f avahi-daemon remove reboot ```
#### デスクトップ環境を構築する。(LXDE) パッケージリストの更新
  • vi /etc/apt/sources.list で、以下の行を追加
``` deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ wheezy main contrib non-free deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ wheezy main contrib non-free ``````sh apt-get update ```LXDEのインストール ```sh apt-get install xorg lxde ```
### Xenのインストールを行なう。 https://wiki.debian.org/Xen#Installing_Xen_Packages を参考に。 ```sh apt-cache search xen-lnux apt-get install xen-linux-system-3.2.0.4-amd64 ```
※VMWare上で確認できたのはここまで、続きは未知!!
※とりあえずここまでの内容を参考にして構築していくよ!!




### 参考URL