### 概要 WindowsのBATファイル(*.bat)で、環境変数を外部ファイルから読み込む方法を2通り解説します。
DLLなどは不要です。

### 方法①:外部BATファイルにSETコマンドを書く 設定ファイルとしてBATファイルを用意し、CALLコマンドで取り出しますsetting.bat (環境設定ファイル) ```dosbatch SET MYENV=HOGEHOGE SET MYENV2=%MYENV%___2 ```test.bat (実行用BATファイル) ```dosbatch @echo off REM 設定ファイルの読み込み CALL setting.bat ECHO %MYENV% ECHO %MYENV2% ```実行すると、こうなります ``` HOGEHOGE HOGEHOGE___2 ```

### 方法②:外部テキストファイルに書き、FOR文で取り出す 設定ファイルとしてテキストファイルを用意し、FOR /Fで取り出しますsetting.txt (環境設定ファイル) ``` MYENV=HOGEHOGE MYENV2=%MYENV%___2 ```test.bat (実行用BATファイル) ```dosbatch @echo off REM 設定ファイルの読み込み FOR /F "usebackq delims== tokens=1,2" %%i IN ("setting.txt") do SET %%i=%%j ECHO %MYENV% ECHO %MYENV2% ```実行すると、こうなります ``` HOGEHOGE %MYENV%___2 ```※設定ファイル内での環境変数の使い回しはできません


### まとめ 読みやすさでは方法①より②のほうがわかりやすく、とっつきやすいかと思います。また、方法①はただのBATファイルのため、中で使用した変数を使いまわせます。
一方、方法②では変数の使い回しはできません。
シチュエーションに合わせて使いやすい方を使うようにしませう。