しばらくの間、ノートPCにDebianを入れてその上でVirtualBoxを動かし、そこで各種OSを使用するという運用をしてきました。
この構成、FreeBSDとLinuxの方はうまく稼働しているのですが、Windows側に少し問題があって

  • 速度が(当然ながら)遅い
  • 3Dアクセラレーションがうまく動かない(VirtualBoxの3Dアクセラレーション機能はまだ実験段階)
    • GoogleChromeやエアロや、その他いろいろなソフトでパフォーマンス上の問題発生
などなどあって、ちょっときついかなーと思い始めました。

#### そもそもやりたいことは
  • Windowsアプリケーション(ゲーム)の開発 → Windows7が必要
  • UNIXいじり → FreeBSDが必要
  • その他OSいじり → 仮想化プラットフォームが必要
という感じなので、上記にそってもう少し抽象度を下げていこうと思います。Windowsの構成もだいたい固定されてきた感ありますし・・・

### 新しい構成案
#### ホストOS
  • Windows7 64bit (エディションはHP以上なら何でも)
    • ホストですが作業もします
#### 仮想化用ソフトウェア
  • VMWare Player
    • この上でFreeBSDを動かす
#### バックアップ方式
  • Windows7 → 標準機能の「イメージバックアップ」というものを使用
  • 仮想マシン → NHM というツールでスナップショットを取る
#### 注意事項
  • Windows7でイメージバックアップを取るにあたって、パーティション分割を行い、仮想マシン関連は全て別ドライブに格納する
  • 定期的にWindowsをリストアするようにしておく
    • リストアのハードルを下げておく

「よりよいWindowsの活用方法」というものを探すのも面白そう。
#### ちなみに 我々はまたNTFSの呪縛に囚われねばならぬのか・・・
#### ちなみに2 どうやら僕がやりたいことは「クライアントハイパーバイザ」っていうものみたいです。XenClientとか使えたら面白そうなんですけどね。。。