VMWare Playerの仮想マシンにArchLinuxをインストールしてみました。

### 参考 Installation GuideとBeginners' Guideを参考にして進めます
### 手順の概要 1. keymapの設定
2. HDDのパーティショニングとフォーマット
3. マウント
4. NIC設定
5. ベースシステムのインストール
6. fstabとかetcとか整備
7. ブートローダーのインストール
8. アンマウントしてリブート


### 1. keymapの設定 確認して ``` localectl list-keymaps | grep jp ```設定 ``` loadkeys jp106 ```
### 2. HDDのパーティショニングとフォーマット Beginners' Guide (日本語) - ArchWiki
をよく読みつつ・・・
#### 構成
  • sda1 … / (8GB、Btrfs)
  • sda2 … swap(2GB)
#### GPTパーティションの作成 ``` cgdisk /dev/sda ```ガイドに沿ってパーティションを上記の通りに作成
#### ファイルシステムのフォーマット sda1をBtrfsにフォーマットします ``` mkfs.btrfs /dev/sda1 ```swapパーティションのフォーマット ``` mkswap /dev/sda2 swapon /dev/sda2 ```
### 3. マウント ``` mount /dev/sda1 /mnt ```
### 4. NIC設定 デフォルトでDHCPが動いてるみたい。 ``` ifconfig ping www.google.co.jp ```とりあえず設定はそのまま


### 5. ベースシステムのインストール
#### ミラーの選択 Japanの行を先頭に持ってきます。 ``` vi /etc/pacman.d/mirrorlist ```
#### ベースシステムのインストール ``` pacstrap -i /mnt base base-devel ```
### 6. fstabとかetcとか整備
#### fstabの作成 ``` genfstab -p /mnt >> /mnt/etc/fstab ```
#### /mntを/へchroot ``` arch-chroot /mnt ```
#### ホスト名の設定 ``` echo Sweelinck >> /etc/hostname ```
#### タイムゾーン設定 シンボリックリンクを作成 ``` ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime ```
#### ロケール設定 使用するロケールをコメントアウト解除
  • en_US.UTF-8 UTF-8
  • ja_JP.UTF-8 UTF-8
``` vi /etc/locale.gen ```ロケールの作成 ``` locale-gen ```ロケールの設定 ``` echo LANG=en_US.UTF-8 >> /etc/locale.conf ```
#### コンソールキーマップとフォントの設定 ``` echo KEYMAP=jp106 >> /etc/vconsole.conf ```
#### rootパスワードの設定 ``` paswd ```
### 7. ブートローダーのインストール
#### Syslinuxを入れる。 パーティションテーブルにGPTを使用している場合はgptfdiskも入れる。 ``` pacman -S gptfdisk pacman -S syslinux ```
#### ブートローダーのセットアップ ``` syslinux-install_update -iam ```
#### Syslinuxの設定 rootパーティションを/dev/sda1に設定する ``` sed -i 's%root=/dev/sda.%root=/dev/sda[0-9]%g' /boot/syslinux/syslinux.cfg ```
### 8. アンマウントしてリブート ``` exit umount -R /mnt reboot ```とりあえず、最小限のセットアップはここまで。
試験前日に何やってるんですかね・・・