Windows7 64bit上の VMWarePlayer上の FreeBSD10でのおはなし。

### ざっくりとした説明と構成
  • Jailホスト → Xサーバ
  • Jailゲスト → Xクライアント
として環境を構築します。
なるべく、いらないものは入れないようにします。※XサーバーとXクライアントを別環境にして作成すると役割が整理されてわかりやすく、勉強にもよいかなと思います。

### 設定手順
#### Jailホスト
##### 必要パッケージの導入 ``` $ pkg install qjail $ pkg install xorg-server $ pkg install xf86-video-vmware xf86-input-vmmouse xf86-input-keyboard ```
##### haldの設定 以下の内容で/usr/local/etc/hal/fdi/policy/policy10-keyboard-jp106.fdiを作成する ``` <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <deviceinfo version="0.2"> <device> <match key="info.capabilities" contains="input.keyboard"> <merge key="input.x11_options.XkbRules" type="string">xorg</merge> <merge key="input.x11_options.XkbModel" type="string">jp106</merge> <merge key="input.x11_options.XkbLayout" type="string">jp</merge> </match> </device> </deviceinfo> ```
##### rc.confの設定 /etc/rc.confに以下の記述を追加 ``` hald_enable="YES" dbus_enable="YES" ```haldとdbusの起動 ``` $ service dbus start $ service hald start ```
##### Xorgの設定 ``` $ cd /root $ X -configure $ cp xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf ```
#### Jailゲスト
##### 必要パッケージの導入 ``` $ pkg install xinit xdm xterm xrdb sessreg xsm ```
##### Xaccessの設定 /usr/local/lib/X11/xdm/Xaccessの書き換え
これを ``` #* #any host can get a login window ```こう ``` * #any host can get a login window ```
  • xdm-configの設定
/usr/local/lib/X11/xdm/xdm-configの書き換え
これを ``` DisplayManager.requestPort: 0 ```こう ``` DisplayManager.requestPort: 177 ```
##### xdm起動スクリプトの作成 ``` $ mkdir -p /usr/local/etc/rc.d ```/usr/local/etc/rc.d/xdm.shを作成する ```sh #!/bin/sh /usr/local/bin/xdm `````` $ chmod +x /usr/local/etc/rc.d/xdm.sh ```
##### rc.confの設定 /etc/rc.confに以下の記述を追加 ``` xdm_enable="YES" ```起動 ``` $ service xdm.sh start ```
### XDMCP接続方法 JailホストからJailゲストへ、Xコマンドで直接XDMCP接続します。ちなみに、Xコマンドのヘルプは「man Xserver」です。
JailゲストのIPアドレスが「192.168.43.11」の場合は ``` $ X -query 192.168.43.11 & ```でログイン画面が起動します。
#### スクリーンショット


あとはよしなに・・・