FreeBSD 10.1-RELEASE on VMWare Player にて実施したときのメモ。

#### デスクトップ環境のインストール
  • FreeBSD最新化
``` # freebsd-update fetch # freebsd-update install ```
  • パッケージ導入
``` # pkg install xorg open-vm-tools xf86-input-vmmouse xf86-video-vmware # pkg install slim slim-themes mate # pkg install ja-font-std ja-font-vlgothic ja-font-takao # pkg install ja-ibus-mozc ```
  • /etc/rc.confに追記
```sh # X Window System & VMWare tools dbus_enable="YES" hald_enable="YES" avahi_daemon_enable="YES" avahi_dnsconfd_enable="YES" slim_enable="YES" vmware_guest_vmblock_enable="YES" vmware_guest_vmhgfs_enable="YES" vmware_guest_vmmemctl_enable="YES" vmware_guest_vmxnet_enable="YES" vmware_guestd_enable="YES" ```
  • xorg.confを作成
``` # Xorg -configure # mv /root/xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf ```
  • /usr/local/etc/slim.conf へ追記(自動ログインの設定)
``` focus_password yes default_user デフォルトユーザ auto_login yes ```
  • /etc/sysctl.confへ追記
``` kern.maxfiles=65536 ```
  • 一般ユーザで、~/.xinitrc の作成
```sh export LANG=ja_JP.UTF-8 vmware-user-suid-wrapper & exec mate-session ```
  • 再起動
``` # reboot ```

#### デスクトップ環境の設定
  • キーボードの設定
Mateサイドバーの「システム」→「設定」→「キーボード」
  • 日本語入力
Mateサイドバーの「システム」→「設定」→「iBUSの設定」


#### その他ツールのインストール ``` # pkg install firefox firefox-i18n # pkg install chromium # pkg install sudo bash git zsh gnuls gawk ja-nkf qjail # pkg install i386-wine # qjail install -h ftp3.jp.freebsd.org ```

#### 出来上がりはこんな感じ



#### メモ ※ウィンドウマネージャはMATEの他にもいくつか試してみましたが、MATEが一番無難っぽいイメージ。