Windows環境の構築を出来る限り自動化していこうとしていく中でのメモ。

### 環境
  • OS:Windows7 64bit
  • インストーラ:VMware-player-7.0.0-2305329.exe
### 方法 コマンドプロンプトを管理者として実行し、以下のコマンドラインを投入するとVMWare Playerが自動的にインストールされます。 ``` VMware-player-7.0.0-2305329.exe /s /nsr /v EULAS_AGREED=1 ```
### 解説
#### インストーラのコマンドライン引数について VMWare Playerのインストーラに「/?」オプションをつけて実行すると、ヘルプが表示されます。 ``` VMware-player-7.0.0-2305329.exe /? ```
……文字化けしていて読めませんが、どんなオプションが存在していて、長い名前が何かわかるのである程度は予想がつきます。※英語版のWindowsで表示するとメッセージはちゃんと表示されそうな予感……

#### 使用したオプションの解説
##### /s (/silent) サイレントインストール(自動インストール)
##### /nsr (/noSilentReboot) インストールの終了後、自動的に再起動しない
##### /v (/msi_args) MSI(Microsoft Windows Installer) へ渡す引数
##### EULAS_AGREED=1 VMWare PlayerのMSIの引数。
エンドユーザーライセンス(EndUserLisensAgreementS)へ同意(=1)する※「EULAS_AGREED=1」がないと、インストール時にエラーが発生し、ポップアップで「EULAS_AGREED=1」を指定してね!って言われます。※手動インストール時に選択できる内容は全て指定できるような気がするのですが、パラメータ名などがわかりません……
ちなみにVMWare Playerのサイレントインストールに関してはほとんど情報を見つけられず、公式サイトに置いてあるPDFのマニュアルにも記述がありませんでした……

### 追記 はりーさん(@halie_t)が、英語版のヘルプメッセージをとってくださいました。
An error occurred while retrieving the Tweet. It might have been deleted.