四則計算と「切り捨て」処理だけを使って、切り上げと四捨五入を実装します。(昔の基本情報だか応用情報の試験にも出てたような気もします)

### 切り上げ 0.9を足して切り捨てます。
#### 12.0 → 12 12.0 + 0.9 = 12.9 → 切り捨てたら12
#### 12.3 → 13 12.3 + 0.9 = 13.2 → 切り捨てたら13
#### 12.5 → 13 12.5 + 0.9 = 13.4 → 切り捨てたら13
#### 12.9 → 13 12.9 + 0.9 = 13.8 → 切り捨てたら13

### 四捨五入 0.5を足して切り捨てます。
#### 12.0 → 12 12.0 + 0.5 = 12.5 → 切り捨てたら12
#### 12.4 → 12 12.4 + 0.5 = 12.9 → 切り捨てたら12
#### 12.5 → 13 12.5 + 0.5 = 13.0 → 切り捨てたら13
#### 12.9 → 13 12.9 + 0.5 = 13.4 → 切り捨てたら13