前回の記事(FreeBSDをワンライナーでインストールしてみた - くんすとの備忘録)の解説です。
前回から一週間も経ってしまいましたが……
前回使用したワンライナーは以下のとおり。 ```sh mdmfs -s 100m md1 /tmp && printf 'PARTITIONS=ada0\nDISTRIBUTIONS=“base.txz kernel.txz”\n'>/tmp/a && bsdinstall script /tmp/a

```
ここでやっていることは、

#### ①/tmpの作成 ```sh mdmfs -s 100m md1 /tmp ```※「bsdinstall」コマンドの使用には、デフォルトでは/tmpが必要です。

#### ②bsdinstallで使用するスクリプトの作成 ```sh printf 'PARTITIONS=ada0\nDISTRIBUTIONS="base.txz kernel.txz"\n'>/tmp/a ```※出力ファイル ```sh PARTITIONS=ada0 DISTRIBUTIONS="base.txz kernel.txz" ```bsdinstallに使用するスクリプトに関する説明は、マニュアル(bsdinstall(8))の「SCRIPTING」の項目に記述されています。
今回の記述内容は、ざっくり
  • インストール先ディスク:ada0 ※パーティション分割は自動
  • ディストリビューション選択:base.txz、kernel.txz
という意味になります。
手動インストール時と照合すると、以下の設定をした時と同じと思われます。



#### ③bsdinstallの実行 ```sh bsdinstall script /tmp/a ```「script」ターゲット(引数)を付けてbsdinstallを実行すると、引数に渡したスクリプトの内容を元に、自動インストールが実行されます。
(詳細は後日掘り下げたい……)ちなみに、記述内容がおかしいと、実行直後にエラーになります。