これは、コマンドプロンプト(cmd.exe) Advent Calendar 2015 - Qiitaの7日目の記事です。
※Windows 10 Home 64bit 搭載のcmd.exeにて検証を行っています。

### setlocal /? ``` バッチ ファイルで環境変更のローカル化を開始します。SETLOCAL を実行した後で 変更した環境設定は、そのバッチ ファイルだけで有効です。前の設定を復元するときは ENDLOCAL を実行しなければなりません。バッチ スクリプトの終わりに達したとき、 暗示的な ENDLOCAL が、そのバッチ スクリプトによって発行されたすべての未完了の SETLOCAL コマンドのために実行されます。 SETLOCAL コマンド拡張機能を有効にすると、SETLOCAL は次のように変更されます: SETLOCAL バッチ コマンドは、オプション引数を受け取ることができます: ENABLEEXTENSIONS / DISABLEEXTENSIONS は、コマンド処理機能を有効または無効にできます。これらの 引数は、CMD /E:ON または /E:OFF スイッチよりも優先されます。 詳細については、CMD /? を参照してください。 ENABLEDELAYEDEXPANSION / DISABLEDELAYEDEXPANSION は、遅延環境変数の展開を有効または無効にできます。 これらの引数は、CMD /V:ON または /V:OFF スイッチよりも優先します。 詳細については、CMD /? を参照してください。 これらの変更は、SETLOCAL コマンドの実行前の設定にかかわらず、対応する ENDLOCAL コマンドを実行するまで継続されます。 SETLOCAL コマンドに引数を指定すると、ERRORLEVEL の値が設定されます。 2 つの有効な引数が指定された場合は 0、指定されない場合は 1 になります。 この機能をバッチ スクリプトで使って、拡張機能が利用可能かどうかを判断 することができます。それには、次のように入力します: VERIFY OTHER 2>nul SETLOCAL ENABLEEXTENSIONS IF ERRORLEVEL 1 echo 拡張機能を有効にできません この方法が使えるのは、古いバージョンの CMD.EXE では、SETLOCAL は ERRORLEVEL の値を設定しないためです。VERIFY コマンドに誤った引数を指定すると、 ERRORLEVEL の値は 0 以外の値に初期化されます。 ```
#### 遅延環境変数 昨日の「set /?」の話でも出てきた、遅延環境変数のことです。 ```dosbatch setlocal ENABLEDELAYEDEXPANSION ```もしくは ```dosbatch cmd /V:ON ```で、遅延環境変数が使用できるようになります。
基本的にコマンドプロンプトやBATファイル内の環境変数は実行前にインライン展開されるイメージですが、遅延環境変数(「!」でくくった変数。ENABLEDELAYEDEXPANSIONが必要)を使用すると実行時に展開されます。※コマンドプロンプトではなぜかうまくいかなかったので、BATファイルで検証です
##### 遅延環境変数を使用しない場合 ```dosbatch @echo off set LIST= for %%i in (a b c) do set LIST=%LIST% %%i echo %LIST% pause ```出力 ``` c ```
##### 遅延環境変数を使用する場合 ```dosbatch @echo off setlocal ENABLEDELAYEDEXPANSION set LIST= for %%i in (a b c) do set LIST=!LIST! %%i echo %LIST% pause ```出力 ``` a b c ```