これは、コマンドプロンプト(cmd.exe) Advent Calendar 2015 - Qiitaの8日目の記事です。※Windows 10 Home 64bit 搭載のcmd.exeにて検証を行っています。

### call /? ``` バッチ プログラムを別のバッチ プログラムから呼び出します。 CALL [ドライブ:][パス]ファイル名 [バッチパラメーター] バッチパラメーター バッチ プログラムで必要なコマンド ライン情報を指定します。 コマンド拡張機能を有効にすると、CALL は次のように変更されます: CALL コマンドは、CALL のターゲットとしてラベルを受け付けるようになります。 構文は、次のとおりです: CALL :ラベル 引数 指定された引数で新しいバッチ ファイル コンテキストが作成され、指定 されたラベルの次の文に制御が渡されます。バッチ スクリプト ファイルの 最後に 2 回到達することによって、2 回 "終了" する必要があります。 1 回目に最後に到達したときには、制御は CALL 文の次の行に返されます。 2 回目に、バッチ スクリプトが終了します。バッチ スクリプトから "戻る" ための GOTO :EOF 拡張機能の説明については、GOTO /? と入力してください。 また、バッチ スクリプトの引数参照 (%0、%1 など) の展開は、次のように 変更されました: %* バッチ スクリプト内では、すべての引数 (%1、%2、%3、%4、 %5 など) を参照します。 バッチ パラメーター (%n) の置換は拡張されました。次のオプション構文 を使うことができます: %~1 - すべての引用句 (") を削除して、%1 を展開します。 %~f1 - %1 を完全修飾パス名に展開します。 %~d1 - %1 をドライブ文字だけに展開します。 %~p1 - %1 をパスだけに展開します。 %~n1 - %1 をファイル名だけに展開します。 %~x1 - %1 をファイル拡張子だけに展開します。 %~s1 - 展開されたパスは、短い名前だけを含みます。 %~a1 - %1 をファイル属性に展開します。 %~t1 - %1 をファイルの日付/時刻に展開します。 %~z1 - %1 をファイルのサイズに展開します。 %~$PATH:1 - PATH 環境変数に指定されているディレクトリを検索し、 最初に見つかった完全修飾名に %1 を展開します。 環境変数名が定義されていない場合、または 検索してもファイルが見つからなかった場合は、 この修飾子を指定すると空の文字列に展開されます。 修飾子を組み合わせて、複合結果を得ることもできます: %~dp1 - %1 をドライブ文字とパスだけに展開します。 %~nx1 - %1 をファイル名と拡張子だけに展開します。 %~dp$PATH:1 - PATH 環境変数に指定されているディレクトリを 検索して %1 を探し、最初に見つかったファイル のドライブ文字とパスだけに展開します。 %~ftza1 - %1 を DIR の出力行のように展開します。 上の例の %1 と PATH は、他の有効な値で置き換えることができ ます。%~ 構文は有効な引数の数によって区切られます。%~ 修飾子 は %* と同時には使用できません。 ```callコマンドは、別プログラムを起動する、もしくはラベルへジャンプする(gotoは飛びっぱなしで戻れないが、callは『exit /b』もしくは『goto :eof』で戻れる)ためのコマンドです。callでほかのBATファイルを起動した場合、UNIXでいうところの「source」コマンドのような挙動を取ります。環境変数は引き継がれ、終了しても保持されます。

#### バッチパラメータの展開 さて、なぜかこのcall /?内に、バッチパラメータに関する重要なことが記載されています。 ``` また、バッチ スクリプトの引数参照 (%0、%1 など) の展開は、次のように 変更されました: %* バッチ スクリプト内では、すべての引数 (%1、%2、%3、%4、 %5 など) を参照します。 バッチ パラメーター (%n) の置換は拡張されました。次のオプション構文 を使うことができます: %~1 - すべての引用句 (") を削除して、%1 を展開します。 %~f1 - %1 を完全修飾パス名に展開します。 %~d1 - %1 をドライブ文字だけに展開します。 %~p1 - %1 をパスだけに展開します。 %~n1 - %1 をファイル名だけに展開します。 %~x1 - %1 をファイル拡張子だけに展開します。 %~s1 - 展開されたパスは、短い名前だけを含みます。 %~a1 - %1 をファイル属性に展開します。 %~t1 - %1 をファイルの日付/時刻に展開します。 %~z1 - %1 をファイルのサイズに展開します。 %~$PATH:1 - PATH 環境変数に指定されているディレクトリを検索し、 最初に見つかった完全修飾名に %1 を展開します。 環境変数名が定義されていない場合、または 検索してもファイルが見つからなかった場合は、 この修飾子を指定すると空の文字列に展開されます。 修飾子を組み合わせて、複合結果を得ることもできます: %~dp1 - %1 をドライブ文字とパスだけに展開します。 %~nx1 - %1 をファイル名と拡張子だけに展開します。 %~dp$PATH:1 - PATH 環境変数に指定されているディレクトリを 検索して %1 を探し、最初に見つかったファイル のドライブ文字とパスだけに展開します。 %~ftza1 - %1 を DIR の出力行のように展開します。 上の例の %1 と PATH は、他の有効な値で置き換えることができ ます。%~ 構文は有効な引数の数によって区切られます。%~ 修飾子 は %* と同時には使用できません。 ```以前紹介したforコマンドの「%変数」と同様、コマンドパラメータ(%1や%2など)も修飾子を使った展開が可能です。
forの時と同様の解説となりますが、以下のような感じです。

  • 「%~dp1」…絶対パスで、第一引数をフォルダまで展開
  • 「%~n1」…第一引数を、拡張子を除くファイル名に展開
当然ラベルへ飛んだ時の引数も展開できるので、いろいろ便利です。
いじょ!