シェル芸家元より、GWの宿題が出題されました。
ゴールデンウイークシェル芸問題 | 上田ブログさて、これの関係で、入力ファイルに直接リダイレクトして書き込みができるかどうか、問題を解く前に調べておこうと思いちょっと実験してみました。
日頃気になってたことでもありますし・・・環境はいつもの通り、Windows7上のVMWare Player上のreeBSD 10.1 amd64 のJail環境です。

### 準備 ```sh % jot 5 > a % cat a 1 2 3 4 5
  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
 14
 15
 16
 17
 18
 19
 20
 21
 22
 23
 24
 25
 26
 27
 28
 29
 30
 31
 32
 33
 34
 35
 36
 37
 38
 39
 40
 41
 42
 43
 44
 45
 46
 47
 48
 49
 50
 51
 52
 53
 54
 55
 56
 57
 58
 59
 60
 61
 62
 63
 64
 65
 66
 67
 68
 69
 70
 71
 72
 73
 74
 75
 76
 77
 78
 79
 80
 81
 82
 83
 84
 85
 86
 87
 88
 89
 90
 91
 92
 93
 94
 95
 96
 97
 98
 99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
</div>
<div class="section">
    ### とりあえず色々やってみるテスト
    
<div class="section">
    #### ①-1.自分にcatして書き込み
    ```sh
% cat a > a
% cat a

```消えました

</div>
<div class="section">
    #### ①-2.自分にcatして追加書き込み
    ```sh
% cat a >> a
^C
% wc -l a
  261940 a
% head -12 a
1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
1
2

```1~5を何度も繰り返している模様<br/>
<br/>
<br/>


</div>
<div class="section">
    #### ②-1. 1行ずつreadして書き込み
    ```sh
% cat a | while read L; do echo 2:$L > a;done
% cat a
2:5

```最後の1行で上書きされる<br/>
<br/>


</div>
<div class="section">
    #### ②-2. 1行ずつreadして追加書き込み
    ```sh
% cat a | while read L; do echo 2:$L >> a;done
% cat a
1
2
3
4
5
2:1
2:2
2:3
2:4
2:5

```元の内容の後ろに付く感じ<br/>
<br/>


</div>
<div class="section">
    #### ③-1.xargsの先で書き込み
    ```sh
% cat a | xargs -I@ echo @ > a
% cat a

```これも消える

</div>
<div class="section">
    #### ③-2.xargsの先で追加書き込み
    ```sh
% cat a | xargs -I@ echo 2:@ >> a
% cat a
1
2
3
4
5
2:1
2:2
2:3
2:4
2:5

```元の内容の後ろに付く感じ<br/>
<br/>


</div>
<div class="section">
    #### ④-1.xargsからshを呼び出して書き込み
    ```sh
% cat a | xargs -I@ echo "echo 2:@ > a" | sh
% cat a
2:5

```最後の1行で上書きされる

</div>
<div class="section">
    #### ④-2.xargsからshを呼び出して追加書き込み
    ```sh
% cat a | xargs -I@ echo "echo 2:@ >> a" | sh
% cat a
1
2
3
4
5
2:1
2:2
2:3
2:4
2:5

```元の内容の後ろに付く感じ<br/>
<br/>


</div>
<div class="section">
    #### ⑤-1.sedして書き込み
    ```sh
% sed &#39;s/^/2:/g&#39; a > a
% cat a

```これも消える<br/>
<br/>


</div>
<div class="section">
    #### ⑤-2.sedして追加書き込み
    ```sh
% sed &#39;s/^/2:/g&#39; a >> a
% cat a
1
2
3
4
5
2:1
2:2
2:3
2:4
2:5

```これは後ろに付く<br/>
<br/>


</div>
</div>
<div class="section">
    ### 傾向が見えてきました。
    「②-1.」の結果を応用してみます。
```sh
% cat a | xargs | while read L ;do echo $L; done > a
% cat a
1 2 3 4 5

```なるほどなるほど・・・つまりこうすればよいと。
```sh
% cat a | xargs | while read L ;do echo $L; done | xargs -n 1 | xargs -I@ echo 2:@ > a
% cat a
2:1
2:2
2:3
2:4
2:5

```うむ。おそらく、ファイルをすべて読み込んだ後だと、一旦ファイルが閉じられて、書き込みができるようになっているって感じでしょうか。<br/>
<br/>


</div>
<div class="section">
    ### さらに応用して
    ファイルを閉じてから書き込めば良い、というふうに考えると、そういうコマンドを使えばいいわけで。<br/>
<br/>


<div class="section">
    #### ⑥-1.awkで直接書き込み
    ```sh
% cat a | awk &#39;{print "2:"$0}&#39; > a
% cat a

```これは消えるけれど

</div>
<div class="section">
    #### ⑥-2.awkの結果をcatして書き込み
    ```sh
% cat a | awk &#39;{print "2:"$0}&#39; | cat > a
% cat a
2:1
2:2
2:3
2:4
2:5

```っていうことなんですよね。<br/>
確か、awkをパイプで繋いだら、awkの処理が全て終わってから次の処理へ行くような動きをしていたような感じなので……

</div>
</div>
<div class="section">
    ### さらにさらに応用
    上記のawkの性質を「⑤-1.sedして書き込み」に応用して利用してみます。
```sh
% sed &#39;s/^/2:/g&#39; a | awk &#39;{print}&#39; | cat > a
% cat a
2:1
2:2
2:3
2:4
2:5

```はい、できました。<br/>
※注意:これはあくまで限定された環境で小さなデータを使った雑な実験です。大きなデータや上記以外のデータを使ったらどうなるかは確かめてませんのであしからず!<br/>
<br/>


</div>
<div class="section">
    ### 2015/5/3 追記
    シェルによって挙動が異なる模様。Cシェル系はだいたい上記の通りになって、Bシェル系はそうならないみたい?

</div>