本日のシェル芸勉強会(http://usptomo.doorkeeper.jp/events/8339)の中でプチ話題になったjotコマンド。
イマイチ使い方をちゃんと把握していなかったので調べてみました。※確認・検証はFreeBSD 8.3にておこなっておりまする。
当時の認識>jot 回数 開始 終端 #シェル芸 #usptomo— くんすと (@kunst1080) 2014, 2月 15調べてみた結果、かなり便利なコマンドのようです。seq + yesみたいな感じかな。

### man jot ```sh JOT(1) FreeBSD General Commands Manual JOT(1)

NAME jot ? print sequential or random data

SYNOPSIS jot [-cnr] [-b word] [-w word] [-s string] [-p precision] [reps [begin [end [s]]]]

DESCRIPTION The jot utility is used to print out increasing, decreasing, random, or redundant data, usually numbers, one per line.

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
<br/>


<div class="section">
    #### 基本的な構文
    ```sh
jot 回数 開始 終了

```で、開始と終了は省略可能。

<ul>
<li>回数のみ指定</li>
</ul>```sh
% jot 5
1
2
3
4
5

  • 回数と開始を指定
```sh % jot 5 10 10 11 12 13 14
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
<ul>
<li>回数・開始・終了を指定</li>
</ul>```sh
% jot 5 6 10
6
7
8
9
10

  • 回数・開始・終了が連続しない場合、回数に合わせて割り算してくれる感じ。
```sh % jot 5 2 10 2 4 6 8 10
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
<ul>
<li>回数に0を指定すると無限に出力(yesみたくなる)</li>
</ul>```sh
% jot 0 | head
1
2
3
4
5
6

``````sh
% jot -b a 0 | head
a
a
a
a
a
a
a
a
a
a