昨日のシェル芸ヴェンキョウカイ(問5)で話題(?)になった、catコマンドのオプションについて。これはさらりとオプションの再確認だけ…

### テストデータ 問5;https://github.com/ryuichiueda/ShellGeiData/blob/master/vol.18/Q5/text ``` あ あ

い い

お お お お

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
</div>
<div class="section">
    ### 内容
    「cat」は「concatenate」のcatです。<br/>
(COBOLer的に言うと、いわゆるコンカチってやつね! DDじゃなくてcat!)<br/>
<br/>


<div class="section">
    #### オプション
    
<ul>
<li>-s 連続した空白を1行に。</li>
</ul>```sh
% cat -s text
あ
あ

い
い

う

え

お お
お
お

  • -n 行番号を表示
```sh % cat -n -s text 1 あ 2 あ 3 4 い 5 い 6 7 う 8 9 え 10 11 お お 12 お 13 お
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
<div class="section">
    ##### 制御文字を見えるようにする系
    
<ul>
<li>-v 制御文字を可視化</li>
<li>-e 制御文字を可視化しつつ行末文字を表示($)    ※eはendのe?</li>
<li>-t 制御文字を可視化しつつタブ文字を表示(^I)   ※tはtabのt?</li>
<li>-te 制御文字を可視化しつつ行末文字($)とタブ文字(^I)を表示</li>
</ul>別のファイルを使って確認してみます
```sh
% cat file
a
 b
    tabline

c

```制御文字表示の確認
```sh
% cat -te file
a$
 b$
^Itabline$
$
c$