### 概要 BATファイルでヒアドキュメントっぽいことを実現します。
これを使えばいろいろと便利になりそうです。※実装には、やんごとなき理由でJScriptを使用しています。
(DOS-BAT の for /f で回すと、空行が間引かれてしまうというアレの所為)
### 使い方 BATファイル内の、到達できない場所(exitやgoto :eofの後ろなど)にヒアドキュメントっぽいもの(ニアドキュメント)を記述します。
ニアドキュメントの範囲は、任意の文字に「>」(始端)と「<」(終端)を付与し指定します。 ```dosbatch rem 始端・終端をあらわす文字列として「HERE」を使用する場合 HERE> 1 2 3 <HERE
1
2
3
4
5
6
7
8
9

<ul>
<li>第一引数 … 自BATのパス</li>
<li>第二引数 … ヒアドキュメントの区切り文字</li>
</ul>を渡します。
```dosbatch
Call NearDoc.bat "%~0" HERE

```標準出力に、「HERE>」~「&lt;HERE」の間に記述されている内容が出力されます。

1 2 3

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
標準出力に出るので、パイプで繋いでsortやらfindstrやらでごにょごにょできます。<br/>
また、区切り文字さえ被らなければ、ニアドキュメントは複数記述可能です。<br/>
(テストコードでも複数を使用しています)

</div>
<div class="section">
    ### ソースコード
    いつもと同様、上が話題のコードで、下が簡単なテストコードです。[NearDoc.bat]<br/>
<script src="https://gist.github.com/5176912.js?file=NearDoc.bat"></script><br/>
[NearDocTest.bat] ※テストコード<br/>
<script src="https://gist.github.com/5176912.js?file=NearDocTest.bat"></script>

</div>