### 概要 自分がコマンドプロンプト環境でよく使ってるコマンドを一覧にまとめてみました。
コマンドプロンプトのコマンドとUNIXコマンドの対応表としてまとめています。
### 前置き 標準のコマンドは、以下の方法でヘルプを確認することが出来ます。コマンドの詳細はヘルプを参照して下さい。 ```dosbatch help コマンド名
  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
 14
 15
 16
 17
 18
 19
 20
 21
 22
 23
 24
 25
 26
 27
 28
 29
 30
 31
 32
 33
 34
 35
 36
 37
 38
 39
 40
 41
 42
 43
 44
 45
 46
 47
 48
 49
 50
 51
 52
 53
 54
 55
 56
 57
 58
 59
 60
 61
 62
 63
 64
 65
 66
 67
 68
 69
 70
 71
 72
 73
 74
 75
 76
 77
 78
 79
 80
 81
 82
 83
 84
 85
 86
 87
 88
 89
 90
 91
 92
 93
 94
 95
 96
 97
 98
 99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218

</div>
<div class="section">
    ### 一覧
    
<table>
    <tbody><tr>
    <th>コマンド</th>
    <th>対応するUNIXコマンド</th>
    <th>備考</th>
    </tr>
    <tr>
    <td>echo     </td>
    <td>echo </td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>cd       </td>
    <td>cd</td>
    <td>引数なしでホームに戻ったりはしない</td>
    </tr>
    <tr>
    <td>mkdir    </td>
    <td>mkdir -p</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>pushd  </td>
    <td>pushd</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>popd   </td>
    <td>popd</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>echo %CD% </td>
    <td>pwd</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>dir      </td>
    <td>ls</td>
    <td>/b オプションで ls -1 みたくなる</td>
    </tr>
    <tr>
    <td>cls      </td>
    <td>clear</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>echo %date%   </td>
    <td>date</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>set      </td>
    <td>set  </td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>if       </td>
    <td>if   </td>
    <td>1行で完結する場合、fiは不要。2行以上にまたがる場合は()を使用する。書き方がちょっと独特で初めのうちはハマりやすい。</td>
    </tr>
    <tr>
    <td>fc       </td>
    <td>diff </td>
    <td>/b オプションでバイナリ比較が出来る</td>
    </tr>
    <tr>
    <td>sort </td>
    <td>sort </td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>copy     </td>
    <td>cp</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>copy ファイル1+ファイル2 ファイル3</td>
    <td>cat ファイル1 ファイル2>ファイル3</td>
    <td>ファイルの結合</td>
    </tr>
    <tr>
    <td>move     </td>
    <td>mv</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>ren      </td>
    <td>mv</td>
    <td>名前を変えるだけ</td>
    </tr>
    <tr>
    <td>del      </td>
    <td>rm</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>rd       </td>
    <td>rmdir</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>more     </td>
    <td>more</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>type     </td>
    <td>cat</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>type null>>ファイル </td>
    <td>touch</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>find     </td>
    <td>grep </td>
    <td>検索文字をダブルクォートで括らないといけない</td>
    </tr>
    <tr>
    <td>find /v /c "" </td>
    <td>wc -l </td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>findstr  </td>
    <td>egrep </td>
    <td> ワイルドカードが使える </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>findstr /C: </td>
    <td>fgrep </td>
    <td> ワイルドカードを使いたくない時 </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>findstr . </td>
    <td>cat </td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>findstr /n . </td>
    <td>cat -n </td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>for /f "usebackq tokens=*" %i in (`コマンド1`) do @コマンド2 </td>
    <td>xargs </td>
    <td>コマンド1の結果をコマンド2に渡す。色々と嵌りやすい</td>
    </tr>
    <tr>
    <td>コマンド1 | for /f "usebackq tokens=*" %i in (`findstr .*`) do @コマンド2 </td>
    <td> xargs </td>
    <td>コマンド1の結果をコマンド2に渡す。色々と嵌りやすい</td>
    </tr>
    <tr>
    <td>for /L %i in (1,1,10) do @echo %i </td>
    <td>seq</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>subst    </td>
    <td>mount</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>net use  </td>
    <td>mount</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>start    </td>
    <td>nohup</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>tasklist </td>
    <td>ps</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>taskkill </td>
    <td>kill</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>tree     </td>
    <td>tree</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>explorer </td>
    <td>nautilus</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>ipconfig </td>
    <td>ifconfig</td>
    <td> </td>
    </tr>
    <tr>
    <td>odbcad32 </td>
    <td> </td>
    <td>ODBCの設定を開く</td>
    </tr>
</tbody></table><br/>
雑なまとめですがこんな感じ。<br/>
コマンドプロンプトはハマりどころが多いので注意。<br/>
特にifとforと環境変数は曲者。また、パイプに空行が連携されない事案も。

</div>